課程の特徴

木村昌臣

課程長

数理的な基礎学力と情報・通信に関する専門的知識を軸に、どんな時代でも通用する普遍的な知識を備えた 人材を養成します。

身につけられる能力

技術の基盤を⽀える、数学と物理などの⾃然科学の基礎学⼒、情報・通信に関する専⾨的知識、分野横断的知識を備え、研究を軸とした実践型教育により技術的課題を解決する⽅法を⾝に付けます。

Point

情報・通信の
専⾨的・横断的知識を
備え、技術課題を
解決する

キーワード

情報・通信工学課程では、カリキュラムを通して以下の分野別項目を育成します。

ソフトウェア

独創技術で新しい常識を

ハードウェア

新世紀の情報産業革命

ネットワーク

知的で安全な情報通信基盤

コミュニケーション

未知の領域へアクセス

マルチメディア

人類に新たな創造力を

情報デザイン

よりよい利用体験を追求し実現する

基礎

エンジニアの基礎を養成

安全・防災

新世紀の社会基盤つくり

マルチ

ボーダーレスな活躍

活躍が期待される業界

機械工学課程では、主に以下の業界での活躍が期待される能力を身につけることができます。

ソフトウェア
開発

通信業界

情報産業

ICT
インフラ

総合家電
メーカー

電子デバイス
製造業

運輸業

輸送機器製造業

エネルギー業界

コースの紹介

情報通信コース

本コースでは情報通信の基盤技術をハードウェアとソフトウェアの両⾯から体系的に学修します。情報処理、回路、信号処理・計測、電磁波、通信・ネットワーク、マルチメディアを幅広く学び、実験・演習科⽬ではネットワークの構築や分析に関するプログラミング、光・無線通信回路の製作と評価実験などを通して実際のモノに触れながら基礎を修得します。

情報工学コース

ソフトウェア、ハードウェア、⼈⼯知能、量子コンピュータ、ヒューマン・コミュニケーション等の情報技術、およびその原理となるコンピュータサイエンスを学びます。豊富な講義とプログラミングやシステム開発を⾏う演習を通じて、最先端技術の発展・創造を推進する⼒を⾝に付けます。

情報・通信工学課程のポリシー

ポリシーに関する情報は、芝浦工業大学公式ホームページをご確認ください。